UPAF からのお知らせ, 2017年5月

いつもUPAFを応援してくださり、ありがとうございます!UPAFスケジュールについて、重要な変更がありますので、お知らせします。今後、宇野での地元UPAFは毎夏から2年に一度(バイエニュアル)開催に切り替え、その2年の間に、オンライン宇野港芸術映画座を発動します。Online UPAF では、過去上映作品の一部を期間限定で動画配信し、遠方の皆さんにも、また地元だけど見逃しちゃった作品やもう一度見たい作品などを、ご自宅で鑑賞してただけるようにしたいと思っています。

なので、次の宇野UPAF(第7回)は、2018年夏、そしてその年の冬(1月か2月)に、Online UPAF Vol.1 をやります!UPAF上映用に自分たちで翻訳・字幕をつけたパワフルな作品の多くが商業ベースには乗りにくいインディー作品で、日本では配給されていません。いい映画は、いつまでたってもいい。その映画の力を信じて、制作者と相談しながら、リバイバル上映できる作品を選んでいきたいと思っています。この作品見たい、とか、もう一回観たい!とか、ご要望ありましたら、info@unoportartfilms.orgまでどうぞ。参考にさせていただきます。技術的な面でも、一番いい動画配信方法を見つけたいと思っていますので、どのような端末で普段動画を観ているか、観たいか(自宅の大画面で観たい、スマホやiPadで観たい、など)、ご意見どうぞお寄せくださいませ。FBページでも情報アップデートしていきますので、まだだったら、いいね、お願いします。https://www.facebook.com/UnoPortArtFilms/

〜〜〜

宇野港芸術映画座 (通称UPAF 読み方ウパフ) は、岡山県玉野市宇野港にほぼ毎年出没する、夏の上映シリーズ/ミニ映画祭です。日本ではあまり観ることのできない世界各地の新進気鋭インディ作品や、語り継ぎたい名作を上映しています。夜は港の埠頭で、穏やかな瀬戸内の海を背景に星空上映です。

宇野港は、直島アートサイトや小豆島・犬島など、瀬戸内現代アートの島々へのフェリーの発着港で、色々な国籍の人が行き交う小さな港街です。それを反映した無国籍アート空間として、多様な人生を歩まれる皆さんが、UPAFでのひと時にいい映画を通じてつながれたらと願っています。日英バイリンガルのイベントなので、色んなお友達を連れて遊びに来てください。

 

 

 

 

Fukutake Education and CUlture    

  

 

 

  

  

2012-HIFF-logo  

Vilcek_Foundation.jpg  ayv-logo.png

rooftop-img  

  Screen Shot 2016-07-02 at 12.23.23 PM

UNOICHI_footer1  Lock House

  

off2014photo000_dummy-250x250  titel_bar

World Kids Community 1World Kids COmmunity 2UAP-full-logo

今村プロダクション  黒田電気株式会社  玉野市観光協会

玉野市教育委員会  たまのみなと芸術フェスタ